骨がもろくなる骨粗鬆症は今から予防対策を行おう

骨粗鬆症になる原因と予防法~カルシウムとビタミンDが力になる~

人間にとって欠かせない骨の役割

人間にとって欠かせない骨の役割とは、身体を動かす際の支えになる、内臓を保護する、カルシウムの貯蔵や血液を作るなどの重要な役割があります。

骨粗鬆症と骨軟化症の違いとは?

骨粗鬆症とはなにか

骨粗鬆症とは、骨の密度が低下してしまい内部がスカスカになった状態のことを言います。ちょっとした段差やくしゃみだけでも骨折してしまったり、背骨が曲がったりなど「いつのまにか骨折」を起こすことがあります。

骨軟化症とはなにか

骨の組織からカルシウムが減少してしまう事で骨が柔らかくなってしまい、骨格が変形してしまう病気のことを言います。ビタミンDが不足してしまったことで代謝異常が起こってしまったり妊娠中の女性に起こりやすいです。

骨がもろくなる骨粗鬆症は今から予防対策を行おう

メンズ

骨粗鬆症を発症することで起こる症状

骨粗鬆症が原因で発症してしまう症状は、腰椎がつぶれてしまい身長が縮んでしまったり、腰痛や背骨が曲がるなどと言った症状が特徴的です。しかし、これらは気づきにくくただの腰痛や加齢で片づけられてしまうこともあります。

ジョギング

骨粗鬆症の原因について

骨粗鬆症の原因はカルシウムの不足です。若い時に過激なダイエットをしていた、普段から偏食をしている人や食事からのカルシウム摂取量が少ない、閉経後のホルモン低下によってカルシウムの低下が骨粗鬆症の原因になります。

骨の模型を持つ人

骨粗鬆症の予防に役立つ栄養素

骨粗鬆症の予防に効果のある栄養素は、カルシウムとビタミンDです。カルシウムは骨の形成に役に立ち、ビタミンDはそれをサポートしてくれます。カルシウムは乳製品や小魚などにたくさん含まれ、ビタミンDは大豆製品や日光浴でも生成されます。

骨や関節を強くするためのポイント

女性

筋トレを取り入れましょう

骨を強化するなら、まずは筋肉を強化させることが大切です。もちろん過激な筋トレは負担になりますが、骨や関節を強化する専用の筋トレがあるので、医師から指導をして貰い少しずつ続けましょう。

栄養バランスのいい食事

栄養バランスのいい食事を1日三食しっかり続けることがポイントです。特に現代の日本人はカルシウムが少ない傾向にあるため、乳製品や魚を積極的に食べるようにしましょう。

たんぱく質も忘れずに

カルシウムだけではなく、たんぱく質は筋肉を強化します。更に関節をサポートして骨ミネラルを増加することで骨折のリスクを減少してくれます。大豆や乳製品、ささみなど鶏肉を積極的に摂るようにしましょう。