冷え症と貧血になる人には共通点がある~栄養補給や運動で体質改善~

冷え症や貧血を起こしやすい人の特徴

冷え性や貧血を起こしやすい人は、体内の血流が不足している事・血液中の鉄分が不足している事などが特徴となっています。鉄分が不足することで赤血球数も少なくなり、身体に十分な酸素も運ばれなくなってしまいます。

冷え症と低体温の違いって何?

冷え症の特徴とは

冷え症とは手や足などの末端が冷える状態のことを言います。寒い冬だけではなく夏でも手や足が冷たく、靴下が欠かせないという人は冷え症であるといえます。

低体温症の特徴とは

低体温症とは、深部体温という体の中心の温度が通常は37度あるものが35度以下になってしまう症状です。このように部分的に冷えているのではなく、体の中枢の深部体温が低い状態を低体温症と言います。

女性に多い冷え症や貧血はどうしたらいい?予防や改善方法について

女性

貧血を防ぐための予防策

貧血を防ぐための予防策としては、食事から鉄分を摂取する事がポイントです。20代から30代女性の1日に必要な鉄分は7~7.5mgです。授乳中はこの倍の20mgも必要です。レバーやホウレンソウに赤身のお肉やひじきなどには豊富に鉄分を含んでいます。しかし、食事から摂取する鉄は体に吸収されにくい為、吸収を促すビタミンCを一緒に摂取しましょう。また、食事でも不足してしまうという場合は口コミで人気の命の母を服用すると良いです。命の母は貧血だけに効果があるのではなく、月経前症候群などにも効果があるので月経時の悩みを解消することができます。そのため、積極的にサプリメントに頼るのも良いと言えるでしょう。

メンズ

冷え症に効く効果的な改善方法

冷え症を改善するにはまず運動で筋肉を付けましょう。筋肉は体の中で脂肪をエネルギーに変えます。すると体の中で熱を持ち、体温を上昇させます。筋肉量が落ちるとエネルギーに変える力が弱まるため、体温が低くなります。2つ目は手首や足首に首を温めることで体温の低下を防ぎます。夏でも体を冷やすような冷たいものを摂取しすぎない事がポイントです。

[PR]
エクオールを診療
気になる情報を確認!

不足しがちな栄養はサプリから摂取しよう

食事から1日に必要な栄養素をしっかりと補う事は難しいかと思います。そんな時にはサプリメントがおすすめです。サプリメントなら1日に必要な栄養素をバランスよく配合されており、忙しい人でも手軽に栄養補給をすることが出来るからです。疲労が蓄積しがちな現代人にお勧めなのが、オルニチンサプリです。オルニチンは疲労回復に効果的な成分ですが、食材から一日の必要量を摂取するのは困難です。そのため、有効成分のみが抽出されているサプリメントを活用するのが一番なのです。オルニチン以外にも、役立つ栄養素は多数あるので、自分の体や体調に合ったサプリメントを選択しましょう。最近は、更年期障害に効果的なエクオールなどのサプリメントも複数種類登場しています。辛い症状の改善に役立つので、サプリメントは積極的に摂取してください。サプリメントに病気を治療する効果はありませんが、貧血や更年期の症状を和らげることは可能です。

レシチンのサプリを服用している人達の嬉しい声を紹介!

考える人

肝機能の数値が改善した

レシチンサプリを毎日欠かさず摂取するようになってから、肝機能の数値が改善されるようになってびっくりしています。薬とは違って副作用もないことから、毎日続けやすくて助かっています。

最近お肌が綺麗と言われるようになった

レシチンを摂取してから、今まで季節の変わり目は肌が荒れてお手入れが大変だったのですが、肌荒れが起こりにくく周りからも綺麗になったと褒められるようになりました。

少しずつ体重が減少するようになった

運動と併用してレシチンを飲み始めましたが、急激ではありませんが確実に体重が減少していきました。高血圧で医師から痩せるように言われていたが、痩せてきたため数値も改善しました。

貧血症状が軽くなりました

元々貧血で、めまいや疲れやすいといった症状に長年悩まされてきました。友人からレシチンの事を聞いて飲み始めたのですが、少しずつ貧血の症状が改善され、アクティブに活動できるようになりました。

夏場に靴下を履かなくなりました

夏場でも靴下を履かなければ寝られない程、冷え性に悩まされてきました。藁にも縋る思いでレシチンを飲み始めましたが、徐々に手足に温かさを感じるようになってきました。もう夏場に靴下は必要ありません。

[PR]
命の母の口コミをチェック
イライラを抑えたいなら摂取してみよう